商用関税で輸入する方法

販売目的なら商用関税!

バイマなどで販売するために商品を輸入する場合には、商用関税を適用するのが基本です。

確かに、バイマを始めたばかりで月の受注件数が数件程度であれば個人輸入でも通ります。

でも、毎月何十件とコンスタントに輸入していると「本当に個人使用ですか?販売目的ではないですか?」などと確認が入るようになるのはよく聞く話ですよね(*’▽’*)

最悪の場合には税関からの厳しい調査に加え、追徴課税…となりかねません( ̄∀ ̄)

バイマで稼いでいくんだ!!と決めているのであれば、最初から商用関税で輸入することをオススメします。

ということで今日は、商用関税で輸入する方法について書いていきたいと思います。

商用関税で輸入する方法

個人事業主の場合は、「自分の名前宛の荷物は全て商用関税で通関してください」と配送業者(DHL、FedEx、UPSなど)の通関部に連絡をすれば対応してもらえます。

次に、法人の場合は、商品の配送先の宛名を法人名にして、「No Commercial 」と記載しない限りは商用関税で通関することができます。

プライベートの買い物で輸入する場合は、通関前に「今回は個人使用なので、個人関税で通関してください」と連絡すれば問題ありません(^^)

実際のところ、個人関税で輸入しているショッパーさんもいるでしょうから、商用関税で輸入したら薄利になるんじゃないかな…という気持ちはよーく分かります!

でも、個人輸入でコソコソと後ろめたい気持ちを抱えながらビジネスするよりも、商用関税で輸入してもしっかりと利益が出る商品をリサーチして、気持ちよく稼いでいく方が良いのではないかと思う次第です( ´ ▽ ` )ノ

それではまた!

先輩バイヤーのコメント

プラスくん

マイナスくん

パーソナルショッパー指南書

BUYMAのパーソナルショッパーしてます。
シンプルベーシックなスタイルにどこか女性らしさや自分らしさを感じられるファッションが好きです。

好きなもの:バッグ、ワンピース、靴、ワークアウト、旅行