出品商品や受注の管理表はExcelとスプレッドシート、どちらで作成すべきか?

Excel派が多い!?

皆さんは、出品商品や受注などの管理表をExcelとスプレッドシート、どちらで作成していますか?

どちらも大体同じような使い方ができるので、昔から使い慣れているExcel派!という方が多いのではないでしょうか。

基本的にはExcelとスプレッドシート、どちらでもいいと思いますが、使い方によっては日々の作業効率をアップすることができると考えています(^^)

そこで今日は、Excelとスプレッドシート、どちらで作成すべきか?について書いていきたいと思います( ´ ▽ ` )ノ

オススメはどっち?

スタッフや外注パートナーとファイルを共有するのであれば、スプレッドシートの方が断然使いやすいと思います。

理由としては、スプレッドシートは常に自動保存されるのと、同時に複数人で編集することができるためです。

また、ExcelなどのOfficeはMac OSにはデフォルトで入っていないアプリなので、スタッフや外注パートナーでMacBookを使っている人がいる場合は別途購入する必要があります。

スプレッドシートはGoogleアカウントさえあれば無料で利用できるので、その点でもオススメです(^^)

ただしファイルが重たくなってくると、スプレッドシートは動作が遅くなるため、Excelの方が操作しやすい場合もあるので、ファイルの内容によって使い分けるというのもアリだと思います。

Excelを使ってスタッフや外注パートナーとファイルを共有する場合はDropboxなどでファイルを共有し、同時に編集しないよう、ファイルを開く前には「これからファイル開きます」などと連絡し合うようにしましょう!

また、Excelを使う場合は、スタッフや外注パートナーとファイルを共有しなくとも、都度Dropboxなどクラウド上にファイルを保存しておくことをオススメします。

万一ファイルが壊れたり、保存し忘れ、間違って削除してしまった…などのトラブルがあっても、クラウド上に残っているので安心です(*’▽’*)

ちなみに私はMacBookユーザーなので、Excelは一切使わず、全てスプレッドシートで管理していますよ。

それではまた( ´ ▽ ` )ノ

先輩バイヤーのコメント

プラスくん

マイナスくん

パーソナルショッパー指南書

BUYMAのパーソナルショッパーしてます。
シンプルベーシックなスタイルにどこか女性らしさや自分らしさを感じられるファッションが好きです。

好きなもの:バッグ、ワンピース、靴、ワークアウト、旅行