ほしいもの登録をした時のアラート通知で受注率UP!?

ほしいもの登録で受注率UP!?

ご存知の方も多いと思いますが。。

バイマではお客さんがほしいもの登録をした際、自身で通知をオフにしない限り、アラート通知がいく仕組みとなっています。

ただし、アラート通知がいくのは特定の条件化のみなので、その条件を満たした環境を意図的に作ることで受注率UPに繋がります!!

そこで今日は、ほしいもの登録をした時にアラート通知がいく条件と、ほしいもの登録の機能を活かした受注率UPの施策について書いていきたいと思います(*・ω・)ノ

ほしいもの登録について詳しく解説

念の為、ほしいもの登録について、バイマのガイドを引用して説明しておきます。

気になる商品をほしいもの登録しておくと、あとで「ほしいものリスト」からまとめてチェックできます。
チェックしたアイテムの購入期限が迫っている時にもお知らせを受け取ることができます。
好みの商品を買い逃したり、見つけられなくなる事がないよう、どんどん登録してみましょう。

※お知らせ配信(アラート)の設定も、ほしいものリストから確認・変更できます。

【BUYMAガイド】ほしいもの登録・リストとは

お客さんがほしいもの登録をした際にアラート通知がいくのは、以下の条件を満たした状況になったときです。

■メール通知の場合

  1. 購入期限が期限があと約1日(36時間)となったとき
  2. 残り数量があと1個となったとき
  3. 値下げ・割引されたとき
    ※具体的な割引率などのロジックは非公開となっています。
  4. 売り切れや購入期限切れとなっていた商品が再入荷されたとき

■アプリのプッシュ通知の場合

  1. 購入期限が期限があと約1日(36時間)となったとき
  2. 値下げ・割引されたとき
    ※アプリでは、1および2それぞれ個別のオン/オフ機能があります。
    冒頭でも説明したように、上記の状況下を意図的に作ることができれば、お客さんに通知が飛び、自分の出品商品に接触する機会を増やすことができるわけです( ´ ▽ ` )ノ


では、どうすればいいのか解説していきます。

・購入期限の設定を短めにする
購入期限を常に短めに設定しておくことで、購入期限が迫った時に、何度もお客さんに通知がいきます。購入期限はマックス3ヶ月後まで設定できますが、私は全商品2週間〜2ヶ月の間で設定しています。

・数量は「2」または「1」にする
数量「2」にしておけば、1点商品が売れた時に、「在庫残り1点です」という通知が飛びます。「1」にした場合は、1点商品が売れた後、数量をまた戻すことで「再入荷されました」という通知が飛ぶので、どちらかに設定しておくことをオススメします。

また、欲しいもの登録をした数日後にそのお客様限定のクーポンが発行されることがあります。

全ての商品が必ずしも該当するわけではないのと、クーポンの割引額は商品の販売価格によって異なりますが、ほしいもの登録をしただけでお得なクーポンが手に入る可能性があるであれば、お客さんにオススメしない手はないですよね!!

在庫の有無や商品について問い合わせがあった際、「ほしいもの登録をしていただければお得なクーポンが発行されるチャンスがございます」などのアナウンスをしてもいいと思いますよ。

是非試してみてくださいね(*’▽’*)

それではまた!

先輩バイヤーのコメント

プラスくん

アラートにはバイマが負担する期間限定クーポンがついていることも多いので、このアラートはうまく活用したいですね。

マイナスくん

パーソナルショッパー指南書

BUYMAのパーソナルショッパーしてます。
シンプルベーシックなスタイルにどこか女性らしさや自分らしさを感じられるファッションが好きです。

好きなもの:バッグ、ワンピース、靴、ワークアウト、旅行