送料削減にオススメ!レターパックプラスを箱型にして発送する方法

送料削減のためにしていること

私たちショッパーにとって、年々値上がりしている送料は悩ましい問題ですよね。。

できる限り小さいサイズで送れるようコンパクトに梱包したり、レターパックやネコポスを活用したりと皆さん様々な工夫をされていることと思います(*・ω・)ノ

私は契約している配送業者が日本郵便ということもあり、レターパックをフル活用しているのですが、財布などの小物類、薄手のトップスなどはレターパックプラスで送るようにしています。

ただ、レターパックプラスの懸念要素として、梱包の際に見た目が汚くなることが挙げられますよね。。

しかーし!

レターパックを箱型にすることで綺麗に梱包でき、クレームにもならない方法があるのです(*’▽’*)

ということで今日は、レターパックプラスを箱型にして発送する方法について書いていきたいと思います。

レターパックを箱型にする方法

念の為、レターパックプラスについて説明しておくと。。

レターパックライトは厚さ3㎝までの規定があるのに対し、プラスは厚さの制限がありません。

なので、財布や薄手のトップスなど、本来は宅配便60サイズで送れそうなものは大体レターパックプラスでも送れちゃいます(^^)

また、ライトはポスト投函ですが、プラスは直接手渡しでのお届けになるので、盗難や紛失などのリスクもなく安心ですね。

では、レターパックを箱型にする方法についてですが、この動画がとても分かりやすく解説してくれています!

是非ご覧になってみてくださいね( ´ ▽ ` )ノ

【引用】レターパックプラスを小包のように使う。応用編1

レターパックの紙の素材はそこまで厚手でないので、梱包の際には緩衝材で包んだ上で、レターパックを綺麗に箱型に成型しましょう。

私の経験上では、この方法でクレームをもらったことはないですね。

送料も梱包資材もダブルでコスト削減ができるのでとてもオススメですよ(^^)

それではまた♪

先輩バイヤーのコメント

プラスくん

動画レベルで折ってると日が暮れますが、レターパックの中にこぶしを入れた状態で、側面の真ん中を中に押し込むだけでもうまく空間が作れますので、それだけでも十分活用できます。

マイナスくん

パーソナルショッパー指南書

BUYMAのパーソナルショッパーしてます。
シンプルベーシックなスタイルにどこか女性らしさや自分らしさを感じられるファッションが好きです。

好きなもの:バッグ、ワンピース、靴、ワークアウト、旅行